ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

無添加化粧品とオーガニック化粧品・違いは何?

| ikiiki88 | Leave a comment

無添加化粧品とは

化粧品は大きくて分けて、石油由来成分を中心とした「化学化粧品」と、

石油由来成分を排除し、天然成分で作られる「オーガニック化粧品」分かれます。

 

無添加化粧品は、化学化粧品に位置づけられていて、7000種類以上ある

化学成分のうち、102種類の肌に刺激が強い成分を除いた化粧品を指します。

 

無添加化粧品は、防腐や乳化には、石油由来成分を用います

無添加なのは、102種類の肌に刺激が強い成分が無添加という意味合いに

なります。

 

化学化粧品のほとんどが、ジメチコンなど、シリコン系の成分を化粧水や乳液

に入れていて、肌表面の滑らかさやみずみずしさを演出していますので、

手触りが良く感じます。

 

オーガニック化粧品とは

 

オーガニック化粧品は石油由来成分を排除し、天然成分で作られています。

 

オーガニック化粧品は国際的な認証団体のほとんどが、石油由来成分の排除、

動物由来成分の排除、植物成分のうち70〜90%以上をオーガニック栽培

にする、という3つを条件にしています。

 

ですので、オーガニック化粧品と言っても、オーガニック栽培70%なのか、

90%以上なのか、或いは100%なのか、天然成分100%だけれども、

そのうちオーガニックは70%であるとか、違いがあるようです。

 

オーガニック化粧品は、ジメチコン、シリコン系成分は配合を禁止されており、

手触りよりも肌の健康を重要視しているため、使用感としては、さっぱりと

しています。

 

 オーガニックは潤いが足りないと感じたら・・・・

オーガニックの使用感がさっぱりしているために、潤いが足り無いと

感じる事があるかと思います。

 

乾燥が気になる場合は、肌に付ける量を増やして見るか、

重ね付けをすると良いでしょう。

 

また、潤いについては、過剰な潤いを求めすぎると、肌本来の機能を弱らせ

しまう結果にもなり兼ねませんので、付け過ぎには注意して下さい。

 

肌が潤っている状態とは、二の腕の内側の様に透明感があ有り、

キメが整っていて、サラサラしている方状態です。

 

もっちりと、ベタついて、手にくっ付いたりするのは、

過剰な状態といえるので、注意したいものです。

 

 

「HANAオーガニック」のスキンケアーとUVをご紹介します。

筆者が最近一番お気に入りなで、愛用させて頂いているのですが、

肌の浸透と潤い、安心の100%オーガニックと、バラの香り

本当に気持ち良いので、オススメします。⬇︎

HANAオーガニックトライアルセット

HANAオーガニック(ブライトニング)

HANAオーガニック(モイスチャー)

HANA organic ウェアルーUV 公式ページへ

 

 

 2万人のママから選ばれた、オーガニック天然100%のUV+虫よけアウトドアミスト!⬇︎

1本で日焼け止め&アウトドア対策【アロベビー国産オーガニックUV&アウトドアミスト】

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。