ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

合成界面活性剤の危険性!皮膚を破壊する!

| ikiiki88 | Leave a comment

界面活性剤とはなんでしょうか?

 

簡単に言うと、水と油を混ぜる成分です。

界面活性剤は1950年代から急速に普及し始めます。

 

種類は一応大きく分けて6種類あります。

1、石油系界面活性剤

2、脂肪酸系界面活性剤

3、アミノ酸系界面活性剤

4、ポリマー系界面活性剤

5、天然系界面活性剤

6、石鹸(石鹸も界面活性剤です)

 

界面活性剤は種類が多く、皮膚に対する皮膚に対する影響も様々です。

 

1、2、3、4、5、の界面活性剤は、驚くことにどれも、皮脂や角質層の脂質

流失させるのは同じなんです!!

 

違うのは、5、の天然のものは、皮膚の中に入り込んでも、自然に代謝されて

消えてゆく点なのです。

 

なので、化粧品に使うのであれば、天然の界面活性剤が好ましく、

 

1〜4までは、石油由来であろうが、石油と付いてなくても、合成界面活性剤

である限り、皮膚には悪い影響を与えます。

 

6、の石鹸という界面活性剤は、まあ安全と言える範疇です。

洗顔や、洗髪の後、石鹸は洗浄力を失い、無毒化するからです。

 

しかし、石鹸も皮脂を洗い流しますので、皮膚に適したものを使い、

かぶれがある時は、石鹸もしようをお止めます。

 

界面活性剤の危険度は、原料だけでは、判断できません。

 

・界面活性度(作用に強さ)

・濃度(配合の量)

・配合数(何種類配合されているか)

これらをよく考慮して使用しましょう。

 

 界面活性剤の用途

 

1、油汚れを水と混ぜて捨てる(洗浄剤)クレンジング、シャンプー、洗顔、

        ボディーシャンプー、

 

2、油を水と混ぜて白く濁らせる(乳化剤)乳液、クリーム

 

3、皮膚バリアの油を水と混ぜて捨てる(浸透剤)美白化粧品、

        アンチエイジング化粧品、シワ消し化粧品、育毛剤

 

4、水を含ませてしっとりさせる(保湿剤)美容液、化粧水、乳液、

  クリーム

 

5、水に解けない成分を水に溶かす(可溶化剤)ビタミンA配合の化粧水など、

 

6、静電気を防ぎ、髪をサラサラにする(帯電防止剤)リンス、シャンプー

 

その他、パウダーファンデーション、リキットファンデーション、チーク、

口紅、マスカラ、アイシャドウ、ムース、ポマード、チック、染毛料、

染毛剤、など、

ほとんどすべての化粧品に配合されています。

 

ということで、界面活性剤は、化粧品成分の王様と言う専門家もいます。

 

 

界面活性剤は入っていない安全なミネラル100%ホワイトニングファンデーション⬇︎

【オンリーミネラル】薬用ホワイトニングファンデーションデビューセット

 

 

再生医療研究から生まれた次世代型美容液【セルアイリフトセラム】

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。