ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

体の中の水の働き

| ikiiki88 | Leave a comment

私達成人の身体の60%〜70%は水で出来ています。

赤ちゃんはなんと水分量が80~90%で誕生してくるのです。

 
赤ちゃんの肌がみずみずしいのは水分量が多いためです。
 
 
 
体内の水は生命維持に欠かせないものです、呼吸や新陳代謝を助けたり、
 
涙や汗や尿で、不要成分を体外に排出したりします。
 
水は体の中でどの様な働きをしているのでしょうか?
 
 

1. 血液も水でできています。

 
 
 
 
血液は体の隅々まで、酸素と栄養を運び届けて、また、身体からいらなくなった
 
のを、体外に出すために運んんでくれます。
 
 
 
体重の約13分の1が血液と言われています。
 
60キログラムの人間だと、約4、5ℓが血液ということになります。
 
そのうち1.5リットル (血液の約3分の1)の出血があると、体の中に栄養と
 
酸素運ばれなくなり、命が危あやうくなってしまいます。
 
 
 
とても大切な血液ですが、その血液の半分以上が
 
血しょうという液体でできています。
 
血しょうのほとんどは水でできています。
 
 

2、体の中の水は体温を調節します。

 

わたしたちのふだんの体温は36度~37度くらいで、暑い夏に気温が5度上がったと
 
しても、体温が同じように上がることはありません。体温がたった2~3度でも
 
上がったら、人間は病気になり、もっと上がると命の危険にさらされます。
 
 
体は、体温が上がりすぎないように、調節をしているのです。
 
暑いと、あせをかき、体をぬらし、ぬれたところを冷やす事で、体の熱を奪い、
 
体温を下げているのです。
 
 

3.水分を取ることの大切さ

 
 
暑いときは、あせをかいて体温を調節してくれますから、その失った水分を補う
 
ために水分を摂取する必要があります。
 
 
 
水分を摂らないでいると、脱水症状と言って口や皮膚から、水分が出て言って
 
しまいますので、健康に過ごすためには、こまめに、すいぶん補給をする事が
 
大切です。
 

 

お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。