ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

年齢別皮膚の変化

| ikiiki88 | Leave a comment

年齢によるの肌の変化

10代の肌

思春期までは皮膚は明るく透明感があります。その一方で、紫外線の影響が皮膚の

将来像にすでにすでに刻み込まれていっています。

 

しかし、日焼け止めを毎日使うようにすれば、そのダメージが、現れるのを、

先に伸ばす事ができます。最小限に止める事ができます。

 

思春期には、皮膚の天然の皮脂が増加します。それによって、ニキビがが出る事も

多くなります。

 

皮脂は皮脂線から、自由に流れ出るため、死んでしまった皮膚細胞が、皮脂や皮膚

付着して、毛穴をふさいでしまいます。

 

塞がれた穴でも細菌に感染していないものは、黒ニキビとなり、感染したものは、

赤く突起のあるニキビか、白ニキビとなります。

 

洗顔料は、サリチル酸または過酸化ベンゾイルが含まれているもので、良い効果が

期待できます。

 

それ以外は、真皮はハリがあり、コラーゲンはきちんと網状に交差して、

エラスチンも硬いバネになっています。

 

20代の肌

皮膚にとって20代はまだ、安定期と言えるでしょう。10代の頃のニキビも治

まり、目に見えるしわは特にはないでしょう、表情による表情しわはできている

でしょう。

 

細胞のターンオーバーは、最盛期の28日サイクルより、多少、遅くなっている

程度です。

 

日焼け止めを毎日塗ってケアしていれば、それほどのダメージを感じる事はない

しょう。

 

30代の肌

細胞のターンオーバーが遅くなり、角質層が乾燥した細胞で満たされるにつれ、

肌は若さを失い始めます。

 

皮膚細胞は環境被害により突然変異によって被害を受けています。しかし、

この被害の兆候はまだ、見えていないかもしれません。

 

この皮膚損傷の悪化を防ぐには、SPF指数の高いクリームを使う事で防げます。

 

真皮は厚さと弾力性を失いはじめ、コラーゲンは効果的な網状ではなくなり、

エラスチンのバネは硬くありません。

 

さらに微笑んだり、眉をひそめると皮下脂肪の脂が溝にたまるようになり、

皮下脂肪は徐々に元に戻りにくくなります。

 

40代の肌

皮脂産出が大きく減少します。このことは、脂肪肌の方には良いことですが、

普通肌〜乾燥肌の方には、効果の高い保湿剤で補う事ができるでしょう。

 

保湿剤は乾燥による細かいしわを整えて、肌をみずみずしく明るく見せてくれます。

役目を終えて、死んでしまった細胞が長く皮膚の表面に留まるために、角質層は

厚くなってきます。

 

この状態を改善するには、スキンケアをするなら、角質除去剤やAHA製剤で改善

できるそうで、小じわを伸ばす力のある、レチノイド製剤(ビタミンA 誘導体

クリーム)が良いようです。

 

50代の肌

定期的に日焼け止めを使っていなかった人は、日光によるダメージがこの10年で、

はっきりと現れます。

 

皮膚の変化の多くは自然な老化ではなく、紫外線に原因があると言われていますが、

それを実感する年代となります。

 

日焼け止めは、小じわや、「老人性」のしみ、また、50代になると増える、

良性の日光性角化症の進行を遅らせます。

 

更年期の影響が現れる時期でもあり、エストロゲンの現象が、皮脂の産生を抑えて

皮膚が乾燥します。

 

60代、70代肌

更年期のホルモンが不安定が時期は終わり、皮膚は比較的安定した時代に入ります。

皮膚を常に保護していれば、日焼け好きな人たちよりも、なめらかで明るい、

キメの整った肌で居られるでしょう。

 

 

銅技術を用いたスマートファブリックで寝ながらエイジングケア

 

 

再生医療研究から生まれた次世代型美容液【セルアイリフトセラム】

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。