ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

食品添加物の問題点

| ikiiki88 | Leave a comment

食品添加物が危険と思う理由

 

食品は長い歴史の中で安全が確認されていますが、食品添加物は、

安全性が確認されていない。

食品添加物が引き起こす健康障害として、化学物質過敏症が挙げられている事。

 

例、L-グルタミン酸ナトリウム、は、摂取後、目の圧迫、熱、全身の不快感 

胸痛などが報告されている。

 

赤色102号、黄色4号など、タール系の色素や、安息香酸などの保存でじんましん

報告。

 

漂白剤、酸化防止剤、発色剤などで、じんましん、ぜんそく、アトピー性皮膚炎

起こすと、指摘されています。

 

食品添加物は、ガンの発症に関係していることも懸念されます。

 

ガンの原因は、放射能、ウイルス、化学物質とされていますが、

化学物質の中でも発ガン性が証明されたものが、数百種類もあります。

 

食品添加物の中にも、発ガン性が明らかになったものもあります。

 

ガンは化学物質などが、遺伝子に作用し、細胞が突然変異を起こす

ことによって発症します。

 

化学物質が人間の受精卵や胎児に作用すれば、その影響で、胎児に障害が出る

ことがあります。

 

臓器や組織がきちんと形成されずに死亡したり、先天性障害が起こる

事もあります。

 

化学物質が原因の先天性障害は、サリドマイドによる、アザラシ肢症

食品添加物でもチアベンダゾールでは、動物実験で、胎児に奇形を及ぼす結果

が出ています。

 

食品添加物の毒性は、すぐに起こる、急性毒性は起こりにくく、毎日少

量づつ長期に摂取するので各臓器や組織に現れる「慢性毒性」

心配されます。

 

また、環境ホルモン(内分泌錯乱化学物質)として作用する事も心配されます。

 

環境ホルモンの影響は、生殖器や免疫神経への影響が懸念されます。

 

人々の健康を第一に考えるならば、害をもたらす可能性がある、

食品添加物は、使用禁止にすべきです。

 

しかし、人々の健康よりも、企業の利益や、アメリカ側の利益を優先させる、国と、

厚生労働省は、それらの使用を認め、すべての面で安全であると、言い切っています。

 

厚生労働省が、OKを出しているのであれば、利益優先の企業は、平気で

使用している、これが現状です。

 


 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。