ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

人生の最期に選ぶお葬式

| ikiiki88 | Leave a comment

自分らしく人生を終える

 

筆者は50代の後半を迎え、自分の人生を振り返る機会が、

若い時よりも、確実に増えたと思います。

それは、父が他界した事や、病院勤務時代に、

亡くなる方々と接してきた事が、きっかけとなって

いるとは思うのですが、

振り返りをしてみると、色々な経験も、まわり道も、

人との出会いも、決して無駄な事ではなく、

すべてが、今の自分のカラーを作る必要な要素であると感じるのです。

 

人間は、いつかは、死の瞬間を迎えます。

相当特別な仙人やヒマラヤ聖者のような人で無い限り、

いつかは、ほぼ確実に、死を迎える時が来るのです。

 

その時に後悔ばかり、残る事の無いように、

自分の生き方を考え、周りの人や家族の事も考え、

自分らしく人生を終えられる様にしたいな〜〜

と思っています。

 

家族の死を経験する

 

私自信、何度かの過去世の記憶が、時々、ランダムに甦る様な

瞬間はあるものの、妄想かな?とか、思い込みでかな?とも取れますし、

肉体の死後も魂は生き続ける、別の次元で生きていると、

確信しているのですが、

 

しかしながら、父が亡くなった時には、

さすがに、冷静ではいられませんでした。

 

残された者としては、死者とはもう2度と会えなくなる訳ですから、

寂しいし、辛いし、哀しいし、苦しいし・・・・

しばらくは、辛い時間を過ごす事になる訳です。

 

 葬儀は誰の為にやるのか

 

父が亡くなった時に、ボーッとした抜け殻の様な心のまま、

その日のうちに、追い立てられるように、

次にやる事を決めて行く必要がありました。

 

病院の費用を清算したり、葬儀屋さんと連絡を取り、

柩を運ぶ業者さんと打ち合わせしたり、

 

次の日にまた、病院に行き、業者さんに

葬儀社に運んでもらい、葬儀社の方と、

火葬場の空きの確認後に日取りを決定し、

葬儀の規模や葬儀に出席するひとの数、

料理やお礼や細かな事を打合せをして、とても、

故人との分かれを哀しんでいる暇も無かった事を覚えています。

 

葬儀は誰の為にやるのか?それは故人の人生を尊厳を持って尊び、

感謝の意を評し、そして、残された家族や友人達が、

故人への想いや、動揺する心と感情を腹に納める為に行うのだと思いました。

 

 葬儀屋さんとお墓を生前に準備していた

 

有り難かったのは、

父は生前に、地域の葬儀屋さんと知り合いであった事と、

お墓を準備してあった事、

この2つは、何も予備知識も無い私にとっては、とてもありがたい事でした。

何よりも、事がスムーズに運び、信頼して葬儀を任せる事が出来たので、

私はただ、参列して下さった親戚や知人の方々への気配りだけで、

済んだことです。

 

葬儀屋さんは、火葬場や、葬儀後の納骨まで、すべて段取りして下さったので、

本当に助かりました。

 

 御高齢のご家族のいらっしゃる方

 

ご家族が御高齢であれば、いつ、その時が来てもおかしく無いのです。

悲しい事は、なるべく考えるのも嫌な筆者は、

自分では何もしなかったのですが、

ありがたい事に、親は準備をしていてくれました。

 

何だか複雑な思いですが、助かった事も事実でした。

なので、少しだけでも、下調べをしておく事をお勧めします。

 

 

親身に寄り添うから1日限定1家族【東京葬儀】⬅︎

 

創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」⬅︎

 

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」⬅︎  

 

高級香木、天然素材のお香をお探しなら【流川香-ryusenko-】

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。