ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

瞑想(メディテーション)とは何か?

| ikiiki88 | Leave a comment

瞑想は無心の状態

 

瞑想は「こうあるべき」という事はありません。

瞑想は、座っていても、立っていても、寝転がっていても、いつでも瞑想は出来ます。

瞑想は中味が一切無い純粋な意識の状態なのですが、

通常、人の意識はたいがい、ガラクタで一杯です。

心は、途絶える事のない交通です。

 

思考が動き、欲望が動き、野望が動き、記憶が動き、

朝から晩まで、起きている時も、眠りについている時でさえも、心は動いている。

考え、悩み、心配事や、心労の中に心は浸っているのです。

これは、瞑想なき状態です。

 

瞑想は、これと真逆の状態で、思考の交通がストップし、

欲望が動かず、沈黙している状態、これが瞑想です。

瞑想とは、無心の状態です。

 

 瞑想こそが自然な状態

 

 

心を通じて、瞑想を見出すことは出来ません。

なぜなら、心はそれ自体を永続させるから、無心にはなれないのです。

心を脇に置くことによって、はじめて瞑想を見出す事が出来るのです。

 

思考を自分と離して、客観視すること、

冷静に、無関心に、心と同化することなく、

心の姿を見ることによって瞑想は起こります。

 

「私は心ではない」と気づいていること、

その覚醒が深く、深くなっていった時に、

しだいにいくつかの瞬間がやって来ます。

 

和尚ラジニーシの御言葉

 

静寂の瞬間。

空の瞬間。

透明な瞬間。

自分の内になにものも動かず、あらゆるものが静止している瞬間

そうした静止の瞬間こそ、あなたは自分が誰なのかを知る

そして、この存在の<神秘>を知る

ある日、偉大なる祝福の日がやって来る

それは、瞑想が貴方の自然なの状態になる時だーーーー

 

子供の目の中に無垢を感じる

 

 

子供は、一人一人、無垢な状態で生まれて来ます。

瞑想的な綺麗な目をしています。

しかし、彼等は、社会のやり方の中に加入させられなければならないのです。

 

社会のルール、計算、判断、議論、言語、概念、などを教えられなくてはならないのです。

そうしている過程で、次第に自分自身の無垢との接触を失い、

社会の中でもまれて、汚染されて、一個のパーツの様な効率的な機械のようになります。

 

そこで、心に沢山のガラクタをため込む訳です。

しかし、大切な事は、もう一度、無垢の棲むスペースを空けて上げること、

わたし達はみんな、かつては、それを知っていたのですから、

 

瞑想を取り戻し、大いなる真実の感覚を、自然な感覚を

無垢な感覚を取り戻す事、思い出す事が重要です。

 

その上で、心の在り方、やり方を学ぶ、という感覚を持てれば、

無垢で楽しい現実を創造出来ると、筆者はお伝えしたいと思います。

 

 

女性ホルモンの専門家が考えた タイプ別にブレンドした アロマオイル⬅︎

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。