ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

美肌と美容の為の薬膳食材

| ikiiki88 | Leave a comment

健康の目安は「気・血・水」で表される

 

 

 

東洋医学でが、肌は健康のバロメーターと考えます。

そして健康の目安である「気・血・水」のバランスが崩れると、

ダメージとして肌に表れると考えるのです。

 

「気・血・水」のバランスが崩れると肌に出る?

「気」とは、いわば、生命エネルギーの事で、気はストレスなどにより気の巡り

が悪くなったり(気滞)、気が不足したり(気虚)すると、肌あれや肌のたるみ

が出たり、顔色が悪くなります。

 

これを解消する食材としては、セロリ、ニラ、ムラサキ玉ねぎ、納豆などの豆類、

魚貝類、薬膳贖罪の冬虫夏草、白合(百合根)大棗(ナツメ)真珠、などが、

気分を安定させ、肌を整える食材とされています。

 

栄養を運ぶ「血液」に、不足や滞りが有ると

「血」は栄養を運ぶ血液の流れですが、不足や滞りが有ると目のくまやシミ、

にきび皮膚の乾燥が表れます。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織で出来ており、28日周期で新しい皮膚と入れ

変わります。

 

そこで重要になるのが、栄養を運び老廃物を取り除く血液の流れなのです。

肌のくすみの7割が血行不良が原因だと言われていますし、

血の巡りが悪くなると(血瘀)シミ、クマ、ニキビなどが表れ安くなります。

 

「血瘀」を解消するには、黒酢、梅干、黒キクラゲ、海藻類、小松菜、

薬膳食材では、紅花、山査子などがお勧めになります。

 

また、血の不足(血虚)貧血を引き起こし、肌の湿や血色が悪くなり、

肌の乾燥の原因となります。

 

「血虚」を解消するには、青魚、赤身肉、小松菜などの青菜類、にんじんなどを

使ったら料理に、枸杞子(クコの実)阿膠、金針菜を加えて食べます。

「水」の巡り悪くなると(水毒)便秘になりやすく、むくみや吹出物、湿疹

出やすくなります。

 

便秘は腸の善玉菌を減らし、免疫力を落とす事になり、皮脂腺を通じて有害な

成分が肌に表れ、ニキビなどのトラブルの元となります。

 

「水毒」の改善によい食材は、発芽玄米、雑穀類、海松子(松の実)、ごまなど、

油分を含んだ木の実、乾燥イチジク、パパイヤなど、食物繊維が豊富な食材、

 

銀耳(白キクラゲ)、黒米、薏苡仁(ハトムギ)、決明子(ハブ茶)など

薬全食材を摂ると改善されます。

 

美肌をつくるには、やはり、身体の中から、きれいになるように、

食べるスキンケアを試されると良いかも知れません。

 

6年根・高麗人参を”ほぼ丸ごと”凝縮した、高純度サプリ【高麗紅参精タブレットGOLD】⬅︎

 

 

妊活中の方におすすめの発酵ザクロドリンクclick

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。