ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

胃腸を健やかにする和漢の薬膳

| ikiiki88 | Leave a comment

胃腸の不調は、和漢の薬膳で改善する

私たちの胃腸は、普段、少し斜めに横たわり、ピンク色をしています。

しかし、ストレスが溜まると、赤黒くなり、まっすぐに立ってしまいます。

「腹が立つ」!状態になるわけです。

 

東洋医学では、胃腸の不調は、心身の過労、不規則な食事、食べ過ぎ、

生ものや冷たい物の過食、刺激物の摂取過剰、ストレスが原因と考えます。

 

胃腸の痛みは、食後1時間ぐらいからはじまりますが、十二指腸の痛みは

ほとんど空腹時で、特に夜間痛が特徴です。

 

胃酸過多症

 

空腹時に痛みや胸焼けを感じたり、ゲップが出たりする場合、

和漢膳(薬膳)では、胃酸過多と考えます。

 

規則正しい食事をし、硬いものや、揚げ物などを避け、

消化の良いものを摂るようにします。

 

低酸症

 

食後に胃が痛んだり、胃もたれがしたり、食欲が無い時には、

胃酸の分泌が少ないと考えます。

 

この場合は、たんぱく質の消化が悪くなるので、白身魚や、豆腐など、

良質なたんぱく質など、消化の良い食品を食べ、柚子、青じそ、しょうが、

柑橘類など、香りの良いもので食欲が出るように、工夫します。

 

するおろしりんご、を食べるのも良いでしょう。

 

水溶性の食物繊維を豊富に含んだ食品は、粘膜のただれを和らげる効果が

あるので、オートミール(カラス麦)や豆のスープ、発芽玄米がゆを

食べるようにすると良いでしょう。

 

胃腸のために避けたい食べ物

 

胃腸の調子が悪い時には、避けたい食べ物は、お腹の中でガスを発生させる

もの、大豆、里芋、さつま芋、)や、胃を拡張させ、胃酸の分泌を促進させる

繊維質の野菜せり、にら、ほうれん草、たけのこ、ごぼう)などです。

 

また、生のネギ、カレー、酒、濃いお茶、コーヒー、飲料水、香辛料(辛子、

赤唐辛子、ウイキョウなど)

 

脂肪の多い肉は胃粘膜を傷つけ、胃酸分泌を促進するので、避けます。

生もの、揚げ物、油炒めは消化しにくいので多食しないようにすると良いで

しょう。

 

 

75種類の植物発酵エキスと7種の穀物麹の「生きた酵素」丸山酵素⬅︎

 

 

6年根・高麗人参を”ほぼ丸ごと”凝縮した、高純度サプリ【高麗紅参精タブレットGOLD】⬅︎

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。