ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

電磁波過敏症の怖〜い話!

| ikiiki88 | Leave a comment

電磁波過敏症という言葉を聞いた事は有りますか?

電磁波過敏症は、電磁波を浴び続けたことにより起こる体調不良の総称

です。

 

まだ正式な病気として日本では認められていませんが、

電磁波先進国のスウェーデンやデンマークでは「電磁波過敏症」を症状

として認め正式な病気と認定しています。

 

世界中に苦しんでいる人が多く存在しています。

 

筆者は電磁波過敏症です。

 


他にも、化学物質過敏症でもあり、アレルギーもあります。


もっと言うと、添加物、たばこ、車の排気ガス、人工的な香料、人工的な

消臭剤、合成洗剤、合成シャンプー、保存料、着色料、乳化剤、防腐剤、

合成界面活性剤、石油系化合物、人工甘味料、人工調味料などなど、

 

空気のよどみ、プラスイオンの環境、冷暖房人工的な風にも敏感に反応

します。

 

不自然なものは身体がセンサーになってすぐに教えてくれます。

世間ではこのような人間を「弱い人」とか「得意体質の人」とか、

「神経質な人」という感覚で見る人が多いように感じます。

健康志向になってきている今、体に何が悪いのかをだいぶ、

TVやネットの情報でも伝える様になりましたが、

 

人体に悪い影響を及ぼすものを、極力摂らない様にすると、人体が浄化

され、ピュアな細胞に生まれ変わってきます、外部からの不自然なものに

対し、センサーのように反応するようになります。

 

筆者の話ばかりで恐縮なのですが、筆者はベジタリアンでもあり、

4つ足の動物は25年前ぐらい前からべませんし、鳥は15年ぐらい

前に、魚は3年ぐらい前に断ちました。

 

何を食べているかと申しますと、

野菜、果物、穀物、海藻、木ノ実、に加え、動物性の栄養素の偏りを補う

ように、モリンガ、ユーグレナ、酵素、亜麻仁油を摂り、精製された砂糖

はやめて、羅漢果の実に置き換え、口に入れるものは、極力オーガニック

にし、添加物を極力控える、このようにして、ピュアな体質を保てるよう

に気をつけています。

 

電磁波を感じない人は影響を受けない?


「電磁波なんて感じない!私は大丈夫!!」と言っている人は本当に影響

は無いのでしょうか?

 

もちろんNO!!です。同じように影響は受けてます。

感じない身体、感じない心になっているだけです。

 

または、体に不調を感じていても、電磁波や化学物質、添加物、薬物の被害

と気付いていないだけです!!

 

電磁波過敏症の症状


アトピー、湿疹、肌の老化、ぜんそく、花粉症、鼻炎、薄毛、頭痛、

しびれ、眼精疲労、イライラ、便秘、神経性胃炎、うつ、不眠、生理不順

 

他にも、目の痛み、皮膚の乾燥、炎症、顔のほてり、口内炎、歯や顎の痛

み、異常な疲れ、集中力の欠如、吐き気、肩こり、関節痛、呼吸困難、

手足のしびれ、だるさ

 

                           電磁波が及ぼす人体への影響

 

特に電磁波の影響が強いのは

携帯電話と、パソコンと感じます。Wifiは特に強い電波を飛ばします。


では何故、携帯電話は他の家電機器に比べて非常に危険性が高いので

しょうか?

 

それは使用する場所が頭に近い所だからです。

眼や頭に近い所で強い電磁波を発信するだけにその影響が懸念されるよう

なっています。

 

電磁波は、距離をとる事によって急速にその影響力が弱まりますがその

距離がとれない製品の代表が、この携帯電話です。

 

強い電磁波が出なければ通話が出来ない所が問題です。

携帯電話で使われる電磁波は、マイクロ波と、高周波電磁波が放射されて

います。

マイクロ波は電子レンジで使われるのと同じ高周波=マイクロ波

呼ばれ熱上昇効果が強いのが特徴ですが最近では長期間の使用により、

遺伝子損傷脳腫瘍を引き起こす可能性が疑われています。

 

携帯電話のマイクロ波は800~900MHz帯と2.0MHz帯ですが

携帯電話が受発信するたびにあなたの脳は1秒間に800~900MHz

使用の場合は8億回。2.0GHzを使用の場合は20億回振動している

可能性があります。


すなわち小型の電子レンジを頭の近くで使っているのと同じです

当然、電子レンジとは出力は違いますが、長時間の使用は考えものです。


脳が料理されていると言う人もいます。熱く感じる人もいます。

 

筆者は、耳に当てて使用すると、数秒後から、当てた耳が赤くズキズキ痛

み、脳への浸透を感じ脳が熱と痛みを感じます。

 

それに携帯電話から発射されるマイクロ波の7割が脳に吸収されると言われ

ています。

 

携帯電話のマイクロ波が 「脳細胞のDNAを切断する」と言う研究

レポートがあり、また脳の中央部にある松果体が 磁気変化に過敏に反応し、

行動と心理メカニズムに深く関連している神経ホルモンの分泌が 抑制され

ます。


セロトニンの減少は抑うつ症を引き起こし、暴力や自殺が増えると言う

現象が 見られます。

 

ドーパミンは生体情報の科学的伝達物質で緊張や怒りなどの感情に関連し

血圧上昇などをもたらします。

 

メラトニンは呼吸をコントロールし免疫を調整したり ガンを抑制するなど、

きわめて大切な働きをします。

 


 

脳腫瘍の確率は2.4倍、小児白血病の発症率が2.7倍に増加

アメリカでは被害者が訴訟を起こしていますし、子供への携帯を規制して

いますし、子供には持たせない動きが活発です。


「携帯の電磁波で脳が料理される!」「携帯電話から発射されるマイルロ

波の7割が脳に吸収される!」これは英国の有名紙「サンデー.タイムズ」

96年4月14日付の見出し記事です。

 

日本の厚生労働省は電磁波の人への影響を認めてはいません。

 

エイズやC型肝炎の様にまたも対処が送れ大きな被害が出なければ良いの

ですが………

 

筆者、厚生労働省の外郭団体で、C型肝炎の救済制度という制度が始まった

年から、2年間、窓口対応をしていました。

 

パソコンも電磁波はすごいですが、私も、パソコンは仕事でもプライベート

でもよく使うので、防止グッツや、時間や、距離に気を付けて使用していま

す。


また、筆者は、電磁波の影響を受けて出てきた、症状に対しては、

医薬品は一切使いません。

 

筆者は、厚生労働省の外郭の独立行政法人で、医薬品の副作用被害救済制度

窓口も携わりましたが、医薬品には副作用が必ずありますから、医薬品

は、26年間使用していません。

 

電磁波は現代社会においては、もはや避けられないものですが、

確実に人間を蝕んでもいる事実があると言い切れますが、科学的に実証

できないものは事実じゃない!と、

 

御上が言うのであれば、私達は自身で、守らなければなりません。

 


電磁波過敏症の症状など詳しいサイトです ⬇︎

http://ktai-denjiha.boo.jp/faq/answer/kabinsho.html

 

 


 

【滝風イオン メディック】は、自然滝2000倍(毎秒2400万ION/cc)の高発生・密度クラス6の

マイナスイオン発生で 驚きの強力消臭・除菌・洗浄力を発揮!

 

 空気中を漂う塵やダニのフン・死骸、カビ、花粉は、喘息・アトピー性皮膚炎などの

アレルギーを引き起こす一因を洗浄・減菌⬇︎

 

自然滝の2,000倍のマイナスイオン発生器で快適空間を!

 


 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。