ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

対人関係によるストレス

| ikiiki88 | Leave a comment

 心理臨床カウンセラーの本音

メンタルカウンセラーをやらせて頂いていますと、

色々な悩みの方々と出会います。

 

ほとんど全員に共通する心の特徴を上げて見ますと、

大雑把ではありますが、

 

A) 繊細で傷つきやすく、感受性が豊かであり、自信がなく不安が強い事

 

逆に相談に来ない方々は、

 

B) 尊大であったり、自分に自信があり、ひるむ事なく自己主張が出来、

思う事をすぐに言葉や行動に移せる事。

 

それぞれ、人間の個性と考えれば、何も問題はないのですが、

問題が起きるのは、Bのタイプが、Aのタイプに対して、

やたらと、からむ事なんです。

 

 

Bのタイプは、その状況をより良くしようと思い、言葉や行動に移すわけですが、

ストレートで、攻撃性の強いBの言動や行動にAのタイプは深く傷つき、

日々ストレスを溜めている事があります。

 

 

言葉の暴力になっている場合があるんです。そして、Bさんが正しいと思って、

押し付けた言動や行動は必ずしも正しいとは限りません。

それはBさんの価値観であり、Aさんには、Aさんの価値観が存在します。

 

 

Aのタイプの方々には、カウンセリングにおいて、ストレスの吐き出し方、

溜めない方法、溜めない考え方、改善の行動療法や、記憶の印象を書き換える

など、色々な対処がありますが、

 

 自分が絶対に正しいと思っている人へ

 

ここでは、Bのタイプの方々に、考えて頂きたいと思います。

 

1、自分の言動は、常に正しいですか、

2、正しいとして、相手に対して、あなたが「言ってやろう」と思った裏に、

  怒りの感情はありませんか?

3、あるとすれば、その怒りは、どこから来ていますか?、つまり、

  家族とうまく行っていますか? 

  プライベートで、怒りや、不安がありませんか?

4、あなたが、言動を押し付ける前に、相手の意見を聞きましたか?

5、話ているあなたの怖い顔と、相手の傷ついた顔を客観的に見てみて

  下さい。

6、傷ついている方が過去の自分だとしたら、怖い顔して言動を押し付けて

  来ている人は誰ですか?

7、その浮かんだ人物に、傷つけられた心を、見ない様にして来たのは、

  なぜですか?

8、何かを忘れようとか、悔しい思いをしたとか、競争意欲に駆り立てられ

  たとか、そんな過去の自分を、否定せずに、蓋をせずに、そのまんま

  受け止めてください。

9、あなたは自分が正しい、人が間違っている、と言う思考で凝り固まって

  いませんか?

  そうゆう人を、他罰的な人格、と言います。

10、自分の感情パターン、思考パターンが解ったら、自分の無意識の

  ストレスのはけ口を、他罰的な言動をとる事で、はけ口として来た事に

  気付き、受け止めてください。

 

 

特に、子育て中の親、学校の教師、医師、看護師、介護する側、保育士、

仕事場の部下を持つ人、警察官、カウンセラー、セミナー講師、マナー講師、 

えせ宗教の方々、に気をつけて頂きたいと思います。

 

感情は、言葉となり、行動となり、人を傷つける事があります。

言葉は、暴力になります。相手が弱い立場であれば、パワハラにも、

虐待にもつながります。

 

心のあり方やくせ、思考は連鎖しやすいです。

感情は感染します。

 

一人一人の心のエネルギーの使い方が連鎖や感染によって、社会の風土を

良い方向にも、悪い方向にも創造できます。

ネガティブな連鎖や感染は、食い止めましょう!!

 

小さな言葉の暴力が虐待に戦争に発展させない為にも、

もう一度言います。

 

一人一人の心のエネルギーの使い方で、安らかな、平和な世界を創造して

生きましょう。

 

「心と体と精神」の相談ホールネスセラピー

 

 

100%オーガニック・ハーブティー心を落ち着かせ不安感を和らげます

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。