ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

皮膚のバリアを壊す最大の原因!

| ikiiki88 | Leave a comment

強い洗浄剤で、顔を洗うことは、

皮膚のバリアを壊す最大の原因です。

 

皮膚の表面には、油膜があります。この油膜を「皮脂膜」と言います。

 

合成界面活性剤が配合されているクレンジングや、シャンプーで皮膚を洗うと、

皮脂膜が洗い流されてしまいます。この為に皮膚は一時的に皮脂膜を失いますが、

 

失ったとしても。角質層内に数層、存在している角質細胞間脂質が、

 

水の浸透を防いでくれます。

皮脂膜と角質細胞資質は、重要な皮膚バリアの主体です。

 

シャンプーやクレンジングで洗浄を繰り返していると、やがて、皮脂膜だけで

なく、角質の細胞間資質まで、奪われるようになり、皮膚はバリア機能を

失ってゆきます。

 

そして、皮膚の健康を守る微生物を滅ぼすことになります。

最後には皮膚を乾燥へと導いていくのです。

 

石油系の合成界面活性剤が悪いということですが、では、アミノ酸系界面活性剤

ならば、安全なんでしょうか?と言えば、答えはNOです。

 

石油系も石油系以外の合成界面活性剤も、アミノ酸系界面活性剤も、どれも、

皮脂や角質層の皮脂を流失させてしまうのです。

 

ただ、違うところは、天然のものは、自然に代謝され消えてゆく点です。

 

石鹸も界面活性剤ですが、石鹸が安全なのは、

洗顔や、洗髪の後、石鹸は、皮膚の酸分によって洗浄力を失い無毒化するから

です。

皮膚のエコロジーと界面活性剤

 

ニキビの原因であるアクネ菌アクネ菌を排除して、

皮膚のエコロジーを守るのは、大切なことではあります。

 

ニキビ用の洗顔化粧品(薬用化粧品)ですが、界面活性剤が配合されています。

皮脂の出てくる毛穴を掃除しながら、一方でサリチル酸などの殺菌剤でアクネ菌

殺します。

 

最近のものは、浸透性が強く、低刺激の合成界面活性剤が開発されたとのこと

ですが、若い肌に、乱用し続ければ、皮脂腺の機能が低下する傾向があり、

さらに皮膚バリアの根幹である、角質層というタンパク質を変性破壊する

傾向があります。

 

最近は、化粧水や、美容液など、全く界面活性剤を使う必要のないものまでも、

配合されている傾向があります。

 

コメエキスやアミノ酸などで、皮膚を長い時間水浸しにして、保湿を競うもの

です。

アミノ酸から作った合成界面活性剤で、皮膚バリアを壊し、「お肌に、スーッ

と馴染む、染み込む」を感じさせよういうものです。

 

長く使うと危険です、自分の使っている化粧品の成分を、調べて見ることを

オススメします。

 

 お肌の健康はオーガニック石鹸から⬇︎

ナーブルスソープは、約400年前にパレスチナで生まれた ヴァージンオリーブオイルと自然成分のみで作られた敏感肌 ・乾燥肌・脂性肌・年齢肌用の完全無添加オーガニック・ ヴィーガン石鹸。 国際オーガニック認証の最高機関である、フランスの エコサート(ECOCERT)により「オーガニックコスメティ クス認証」を受けている信頼のブランドです。

 

 

 

イタリアから人気のForeo LUNA mini2のヤーマン限定セットが登場。

再生医療研究から生まれた次世代型美容液【セルアイリフトセラム】

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。