ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

オーガニックが大切と思う理由

| ikiiki88 | Leave a comment

 

「オーガニック」と「有機」と同じ意味です

「オーガニック農法」「有機農法」は同じ意味で使われているようです。

 

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした

農林産業や加工方法をさします。

 

では土を使わない栽培物は、有機JAS認証の対象ではない?

 

 多くの農産物(植物)は、土のある圃場で栽培されます。土の中の微生物が有機物

を分解し、植物はそれを吸収して育つからです。

 

しかし近年、一部の野菜は、土の上ではなく、野外ではなく、施設工場内で

人工的に育てる農産物があります。

 

化学的な養液と機械的な照明で栽培するのです。

このような栽培方法を一般的に水耕栽培と呼びます。

 

最近では、レタスなどの葉物野菜を水耕で大規模生産する「植物工場」が増えて

います。

 

このほか土を使わない栽培方法としては、ワサビのれき耕栽培、シイタケの菌床・

ほだ木栽培があります。

 

このような土を使わない栽培方法は、基本的に有機認証の対象になりません。


なぜなら、土を使わない農法は、「自然循環機能を活用する」という有機農業

の定義にそぐわないからです。


ただし、唯一の例外が、シイタケ(キノコ類)の菌床・ほだ木栽培です。

(これは、有機シイタケに対する消費者の要望が多かったこと、またキノコ類の

栽培には化学物質を使用するケースが少ないこと、さらに海外でもマッシュルーム

などの菌床栽培が認められていることから、特別に追加されています。)

 

オーガニックが良いと思う理由

 

オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、

平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。

 

オーガニックは、良いに決まっている事なのですが、

「オーガニック」と表示されている製品にも

正しくは、100%そうでないものが、あるのも事実です。

 

化粧品の業界では、オーガニックの天然成分が少し使われているだけであっても、

「オーガニック成分配合」と大きく書かれていますので、注意が必要です。

 

私達消費者側が、正しい判断を持って、製品を選んでいく必要があります。

 

自分で育てた野菜はおいしい!veggy 有機栽培セット ⬅︎

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。