ホリスティック「幸せ」情報!インナービューティー*真の豊かさ*命の選択*ロハスな生活

遺伝による女性の薄毛

| ikiiki88 | Leave a comment

女性にも遺伝による薄毛はあるのでしょうか?

 

最近の研究によると、遺伝は間違いなく女性の薄毛の要因の一つと考えられる

ようです。

 


遺伝的に薄毛になりやすい人は、ヘアサイクルが一般的な年齢よりも早めに

正常に機能しなくなるようです。

 

 

つまりどういう事かと言うと、「成長期」が短く、毛髪が十分に成長しきら

ないうちに「退行期」に移って抜けてしまうと言う事です。

 


うす毛の遺伝子を受け継ぐってどう言う事でしょうか?

 

薄毛遺伝子の受け継ぎ方には、3通りあります。


1、父親からのみ受け継ぐ、
2、母親からのみ受け継ぐ、
3、父親と母親の両方から受け継ぐ、

女性は3番の、薄毛遺伝子を両方から受け継いだ時のみ、実際に薄毛として

表れるそうです。

 

ここが男性の場合と違いまして、男性の場合は、両親からはもちろん、

どちらか一方から受け継いだ場合でも薄毛が表れます。

 

男性は遺伝的要因を非常に受けやすいのですね。

しかしながら、薄毛遺伝子を受け継いだだけでは、薄毛にはなりません。

実際に薄毛になる時には、「引き金」となる要因が存在します。

 


最も大きな引き金となるのは、男性ホルモンです。

この男性ホルモンが強く働いてしまうと、いわゆる男性型脱毛が起こり、

薄毛になってしまいます。 そうなった時に初めて、「遺伝による薄毛」

と言うことになるのです。

 

女性だから関係ない?

 

いいえ男性ホルモンは女性の体内でも分泌されています!!

ここが結構ポイント知れません。家族からの遺伝といえば、遺伝子だけでは

ありません、習慣や嗜好なども受け継いでいます。

 

睡眠の時間、食べ物の好き嫌い、運動の習慣、 喫煙や飲酒、その他色々の

習慣などが、一緒に暮らす家族ですので、 それが頭皮や髪に良くない習慣

であれば、きっかけとなって、薄毛となる遺伝と言えるかと思います。

 


遺伝による薄毛の場合、どうにも手の施しようがないと思われるかもしれま

せんが、遺伝子と一緒に「引き金」となる要因がなければ、薄毛になる

可能性は低くなります。

 


男性には申し訳ないのですが女性の方が、両親からの遺伝子遺伝子を受け継

いだ場合でも、薄毛対策の効果が出やすいと言う事です。

 


筆者の両親も、確かに薄毛ではありますが、80代という高齢を考えると、

薄毛は仕方がないのではないかと、思うのですが、

 

でも、お年寄りでも白髪をフサフサとさせている人もいますので、そう考え

ますと、遺伝の要素も、少なからずあるのではないかと思います。

 

ならば、筆者も諦めずに対策を考えたいと思います。

今、話題の再生医療の分野でも発毛技術は進んでいるので、紹介しておきます。

 

最先端の発毛技術・再生医療由来の技術(名古屋・東京・岐阜)【メセル発毛HCR法】

 

サロンシェアNo,1ドライヤーメーカーが作った本気のドライヤー

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。